アルゼンチン、ブエノスアイレス tomokoar@gmail.com、SKYPE TOMOKOAR
by tomokoar
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30


アルゼンチン選挙速報

本日、6月28日(日)午前8時から午後6時まで、国会とブエノスアイレス市議会の選挙が開催されました。
まだ正式全開票まで時間がありますが、以下が午後630時点の開票速報の順位です。
アルゼンチン議会選挙 速報
Nacional (国会)
1.KIRCHINER
2.FRANCISCO DE NARVAEZ  
3.MARGARITA STOLBIZER 
4.MARTIN SABBATEA
Capital (ブエノスアイレス議会)
1.GABRIELA MICHETTI  (PRO)
2.ALFONSO PRAT GAY   ACUERDO CIVICO SOCIAL
2.FERNANDO PINO SOLANAS
3.CARLOS HELLER (PJ)
国レベル、ブエノスアイレスレベルではトップは予想どうりですが、PRO、現在のマクリ市長の政党の力が伸びているのと、正義党、いわゆるペロン党の力が落ちているのがこれで顕著になりました。もちろん、国レベルで正義党が強いのは現状どおりですが、やはり2位のPROに押されていますが、維持して逃げ切るでしょう、というところです。また伝統的にブエノスアイレス首都はPJが2番手でしたがこの政治的地図が書き換えられPROが傑出していますが、RADICALやELISA CARRIO率いる微妙左寄りの政党などが共同でACCION CIVICO SOCIALが両地ともいいポジションでこれから議席を伸ばすことは確実です。
首都のCARLOS HELLERが3位ですが、実質的には四位はやはりJUSTICIALISTAの権威が落ちている証拠ですね。また PINO SOLANASは教員組合関係が多く指示しています。写真はBOLETAボレタ(投票券です)メンドサ州では副大統領のCOBOS氏の候補が勝っているようです。

一方で ホンジュラスの軍事クーデターのニュースがありました。中米は最近落ち着いていたのですけれどもね。。。


アルゼンチンのコングレッソこと、国会の全景、手前は「考える人」のオフィシャルレプリカです。
ちょっとこの下に、CAGADOR という落書きやはり政治家への罵倒の言葉ですが、ちょうど、考える人がそれをしているのと同じ格好
だからでしょうね。
e0053445_6452726.jpg



e0053445_650130.jpg

[PR]
by tomokoar | 2009-06-29 06:46 | アルゼンチンニュース
<< 28J アルゼンチン国会選挙結果  2009年6月現在   アル... >>