アルゼンチン、ブエノスアイレス tomokoar@gmail.com、SKYPE TOMOKOAR
by tomokoar
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


南極オンエア2

TBS 世界ふしぎ発見!の1000回スペシャルで、20年以上の歴史を誇る
同番組が初めて到達して放送された南極ですが、実はレギュラー編
第1005回 南極 地球最後のフロンティアを行くでも
オンエアになります。

 日時 4月28日(土)午後9時から

e0053445_213747.jpg
http://www.tbs.co.jp/f-hakken/mystery_1.html
ここに予告でました!


南極なのですが、アルゼンチンから行きましたので、アルゼンチン的魅力も出ます。
アルゼンチンに協力してもらっておりますが、、、領土主張をするため
アルゼンチン、アルゼンチンというのではありません、単に当方がアルゼンチンに
いるからです。
(笑ー注、当方は政治的には関係なく、単に日本でのアルゼンチンの
プレゼンスに対して主張をしているからです。ええ、アルゼンチン主義と申しましょうか。。。)

そして重要なのは南極はアルゼンチンから比較的距離的に近いということです。
近いと言ったって、スペシャル版でお分かりになるでしょうが、ブエノスアイレスから出港
しているので、南極の端のオルカダス基地までしばらくかかっています。。。。
アルゼンチン海軍の砕氷船にゲストとして乗せていただき、
ヘリをバンバン飛ばして空撮したり、通常は立入禁止地帯でも艦長自ら指示していただき
特別許可と指導を得て、便宜を図ってもらえたから、ということでもあります。
そして、唯一家族のいる南極の基地、エスペランサ基地に、滞在も許してもらえました。

もちろん、アルゼンチンの南端のウスアイアから観光船に乗っていくルートもありますが、基地には数時間滞在となります。もちろん、きれいな南極は撮れますが。。。。

ちなみに日本の昭和基地にはとってもじゃないですが、こんな風に
”簡単”にロケはいけません。。。このロケに行った南極の全く反対側で遠いし、氷的にロジステック的に大変で、短期に撮影旅行は不可能で、越冬しないといけないという話も聞いています。
どちらにしても、日本政府関係なので日本で交渉ください。

なお、空軍を利用しても超短期もありますが、撮影希望内容によってはこれだけではもの足りないかもしれません。。。。
どちらにしても南極は、費用も時間もかかる取材場所ではありますが、やりがい!のある
映像をお持ち変えられることは間違いなし、であり、また普通に観光船で行くよりは、
「安上がり」であり、いい取材ができるでしょう。


とはいっても、こちらでも、簡単な道中というわけではなく、今回のロケ中に大どんでん返しがあったのです。。。
それは見てのお楽しみです。

そんなわけで、もし普通の観光船に行ったことがある方でも
見られない、見たことがないものばかりですので好ご期待ください!

ぜひ、ご覧ください。そしてご感想をお寄せいただけたら嬉しいです。
[PR]
by tomokoar | 2007-04-19 23:14
<< マラドーナはお元気です。 ウルグアイオンエアのお知らせ >>