アルゼンチン、ブエノスアイレス tomokoar@gmail.com、SKYPE TOMOKOAR
by tomokoar
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31


カテゴリ:アルゼンチンニュース( 30 )

推奨ロケーション情報

 アルゼンチンの絶景を二つだけあげろ、と言われれば南北を代表とするやっぱり、イグアスの滝とロス グラシアレス氷河国立公園です。亜熱帯のジャングルの中にある瀑布、そしてパタゴニアの湖沼氷河は優劣つけがたいものです。両方とも以前からユネスコの世界遺産に認定されています。しかしながら、同じく世界遺産になっていますが、北西部のフフイ州のウマワカ渓谷
 しかしながら、アルゼンチンの醍醐味はたくさんあり、広すぎて、お勧めの場所が点在し、たどり着くのに時間がかかるという難ありです。それでも、もしくはそれだけ苦労するからこそ?行って価値があるのかもしれません。

現在 ロケーションとして立候補し、また現地協力を惜しまないといってきている場所であり、お奨めロケ地なのは
プエルト デセアド
サン フリアン
などは、パタゴニアの大西洋側で、プエルト デセアドは世界でも岩とびペンギンの三大コロニーの一つ、またロケーションも港から船で行くのも楽しく、この入り江はダーウィンが乗ったビーグル港が最初に錨を
おろしたので有名です。
e0053445_23263712.jpg

e0053445_23413993.jpg


ちなみにこのカメラマンのカメラはCANONですね。と、変なところをチェックしましたが、
自然の写真を綺麗に撮るのはやっぱりキャノン?

北はカタマルカ
ウマワカ渓谷から少しまた西ですが、
ここにはやはり素朴な人々、びっくりするような景色、なきたくなるような光景いっぱいです。

e0053445_2334780.jpg
e0053445_23285868.jpg

e0053445_23452951.jpg

[PR]
by tomokoar | 2009-12-24 23:35 | アルゼンチンニュース

リベルタドーレス杯優勝(ESTUDIANTES)

7月16日、2-1で ブラジルのチームを倒し、南米チャンピオンに輝いたエストゥディアンテス
空港でファンが迎えただけではなく、要所要所で、待機していました。高速道路の料金所の先が駐車場所もあり便利ですが、最後には、駐車場所以上にスペースをとり、チームのオープンカーが来たときに大歓待です。写真はまだお日様があったとき、待っている車をバックにミニインチャ(ちびっ子ファン)チームのフラッグを体に巻いていますが、このようにスーパーマンのように使います。この場所に到着したのは7時もすっかり回り夜が始まるところでしたが、ヒイキチームのために多くの人々が待っていました。現在午前0時ですが、ホームグラウンドのラプラタ市は御祭り騒ぎです。
e0053445_1157105.jpg

今回の南米王者のヒーローは常に戦い続けているベロン、ラプラタ市には、スポーツ功労賞で表彰しました。ベロンさんに2年前、ホームチームに戻ってきたときにインタビューしたときのことを思い出します。
[PR]
by tomokoar | 2009-07-17 12:01 | アルゼンチンニュース

新型インフルエンザ死者数 世界第二位になったアルゼンチン。。。

 アルゼンチン新型インフルエンザ最新情報では、2009年7月14日現在、保健省の公式発表で3056人の患者の中で死者数137人と、とうとうアメリカについで世界第二位の死者数になりました。おりしも真冬で患者は増えてはいますが、対策を徹底し始めてはいますが、まだまだ増えることは間違いないです。
 しかしながら、ある程度の予防をして、不特定多数の人ごみに行かなければ、また人と離れていれば感染の確率は低いようです。 その予防はまず栄養補給、体力、そして、手洗い、換気の順になります。またできるだけ換気のよくない場所にいないようにする。。。ことです。
こちらに詳しいですが、
http://blog.livedoor.jp/tomokoar/archives/51518429.html
  とりあえず、現在のところは、アルゼンチンで現地ロケをするのに、多くの差しさわりはないものと思われます。なお、パラグアイでも非常保健事態宣言となりました。
 
e0053445_21421140.jpg

感染するにはあまりにも人気のない、、パタゴニアにて。ガウチョと羊の群れ11月
[PR]
by tomokoar | 2009-07-16 21:29 | アルゼンチンニュース

アルゼンチン新型インフルエンザ概況レポート(7月5日)

7月5日現在のアルゼンチン新型インフルエンザ概況レポートを作成しましたので、
ご希望の方は 以下のアドレスへ。必要でしたら、写真もお送りします。
tomokoar@gmail.com

以下のブログで詳細をお送りしております。

http://blog.livedoor.jp/tomokoar/

現在、感染者数2409名、死亡者55名(7月4日保健省発表)ですが、本日また一名残念ながら
なくなりました。上記レポートはご自由にお取り扱いいただけます。
別途、
特別に書き下ろし、取材、現地製作など承ります。
こんな風にオフィスでは、学校では、マクドナルドではアルコルジェルが主流です。
娘の成人式的15歳のパーティを中止にしたお母さん(女優さん)も出ました。涙で、しかし社会的責任が取れないし、ということでした。
e0053445_8151462.jpg

[PR]
by tomokoar | 2009-07-06 08:16 | アルゼンチンニュース

新型インフルエンザ町の様子

7月3日、来週から2週間早まった冬休み前、子ども達が咳の仕方を教えてくれました。


e0053445_930232.jpg

もう、
e0053445_9333043.jpg
アルコールがありません。
しかし人々は集まってランチ中。元気です。
e0053445_9345676.jpg

お店のカウンターにはお客さんが使えるようアルコールジェルがおいてあります。
e0053445_938434.jpg

[PR]
by tomokoar | 2009-07-04 09:39 | アルゼンチンニュース

緊急医療体制にブエノスアイレス突入

ブエノスアイレス首都内閣の中に感染者も出て、明日の保険相の就任を待たずにブエノスアイレス市とブエノスアイレス州は緊急医療保険体制に入りました。
小学校、中学校は7月20日を待たずに来週から冬休みが1週間延長して、8月3日まで閉鎖、ただいま市長が出て、子ども達は出かけないように、
人々も集会を避けるよう呼びかけています。今だ映画やショッピングセンターの閉鎖は考えられていませんが、他の州、また町では72時間活動禁止になった
場所もあります。死亡者は現在30人近く、感染者は2000人以上で、死亡確率が高くなっている場所で有名ですが、基本的に、栄養が足りない子どもや、免疫が少ない妊婦などが被害になっており、他の感染者は順調に回復中です。

詳細はブログで、実況中です。
http://blog.livedoor.jp/tomokoar
[PR]
by tomokoar | 2009-07-01 08:42 | アルゼンチンニュース

28J アルゼンチン国会選挙結果 

ブエノスアイレス州

Provincia de Buenos Aires - Congreso de la Nacion
1.FRANCISCO DE NARVAEZ  34.56%
2.KIRCHINER 32.3%
3.MARGARITA STOLBIZER  21.14%
4.MARTIN SABBATEA 5.82%

1.2が逆転し、デ ナルバエス氏の勝利となりました。デ ナルバエス氏はアルゼンチン資本のスーパー
CASA TIAの子息でありましたが、90年代にうまく外国資本へ売却、その間に農場、他
AMERICA TVのオーナーでもあります。
首に微妙な刺青をしているのは、当地ではお洒落であることを証明しています。
アルゼチンは微妙に、スタイリッシュを好む人たちですので、それもカレのスマートさ、そして、
別途 ブログに書きましたが、当地のテレビ番組で「普通の人」であることをアピール。
ジョークが分かる人、そして、裏表が少ない人という人気が高まりました。もちろん、所有テレビの
番組にもゲストとして出演。本日は勝利インタビューとして、アルゼンチンの徹子の部屋的
「ミルタ レグランと昼食を」(40年の歴史のある番組)に出演しました。なお、このお昼の番組は
政治、芸能、各界の有名人を招待してミルタ女史がインタビューしますが、


Capital (ブエノスアイレス議会)
1.GABRIELA MICHETTI  (PRO) 31.1%
2.FERNANDO PINO SOLANAS 24.2%
3.ALFONSO PRAT GAY   ACUERDO CIVICO SOCIAL 19%
4.CARLOS HELLER (PJ) 11.7%
5. ANIBAL IBARRA 3%

1.はマクリ市長の候補で圧倒的でありましたが、ピノ ソラナスは映画監督であり、基本社会派ですので
教員組合がかなり指示。マクリ市長の教員切り下げ対策、効率化から真っ向から対決できる人材を
得ると思われます。プラットガイは、社会、左、急進派、まざっていますが、エコノミストであり、
若手ですからこれからの躍進が期待されます。カルロス エレル氏は与党派ですから、
ブエノスアイレス市は完全に惨敗ということでしょう。

サンタフェ州では、
カルロス レウテマンが座席を維持した感じで逃げ切りました。
キッシュネルリズモとして、与党派は対抗馬を送りましたが、もとF1レーサー!!!、すばやくほぼ
半数に近い票で逃げ切りました。
この地は 農牧地帯パンパの重要な地域であり、農業側は、レウテマンを指示し、昨年のような
暫定税徴収がないことを期待しています。
なお、新型インフルエンザ対策として、今後1ヶ月公的行事を停止させます。二週間学校が休み、
そして、2週間の冬休みにします。このような対策を取られえることは素晴らしいと思います。

メンドサ州は副大統領のコボス氏陣営の勝利。基本、急進派です。

サンタクルス州は20年間で初めて与党派が惨敗。ただ、カラファテは大統領派を60%支持していたらしいですが。。。

クリスティナ大統領会見では惨敗を認めましたが、常に二度目の選挙は与党派が負けるのはジンクスと
余裕の発言であり、内閣解散もないしということですが、一方で健康大臣は 昨年のインフルエンザで
一万人の被害者、デング熱の蔓延、そして、今回の新型インフルエンザで対策を求めて、先週末の選挙を中止を呼びかけていましたが、幹部には聞き入れてもらえず政府の協力が得られなければ、敏腕はふるえないということで辞任しました。
アルゼンチンはすでに1000人以上の患者7カ国に入っており、南米ではチリについで第二位。
そして、ブラジルの患者もアルゼンチンに旅行したからだそうです。
死亡も26人で、パーセンテージ的に一番高く世界中から対策劣等生として注目されているかもしれません。




e0053445_7402095.jpg

[PR]
by tomokoar | 2009-06-30 07:05 | アルゼンチンニュース

アルゼンチン選挙速報

本日、6月28日(日)午前8時から午後6時まで、国会とブエノスアイレス市議会の選挙が開催されました。
まだ正式全開票まで時間がありますが、以下が午後630時点の開票速報の順位です。
アルゼンチン議会選挙 速報
Nacional (国会)
1.KIRCHINER
2.FRANCISCO DE NARVAEZ  
3.MARGARITA STOLBIZER 
4.MARTIN SABBATEA
Capital (ブエノスアイレス議会)
1.GABRIELA MICHETTI  (PRO)
2.ALFONSO PRAT GAY   ACUERDO CIVICO SOCIAL
2.FERNANDO PINO SOLANAS
3.CARLOS HELLER (PJ)
国レベル、ブエノスアイレスレベルではトップは予想どうりですが、PRO、現在のマクリ市長の政党の力が伸びているのと、正義党、いわゆるペロン党の力が落ちているのがこれで顕著になりました。もちろん、国レベルで正義党が強いのは現状どおりですが、やはり2位のPROに押されていますが、維持して逃げ切るでしょう、というところです。また伝統的にブエノスアイレス首都はPJが2番手でしたがこの政治的地図が書き換えられPROが傑出していますが、RADICALやELISA CARRIO率いる微妙左寄りの政党などが共同でACCION CIVICO SOCIALが両地ともいいポジションでこれから議席を伸ばすことは確実です。
首都のCARLOS HELLERが3位ですが、実質的には四位はやはりJUSTICIALISTAの権威が落ちている証拠ですね。また PINO SOLANASは教員組合関係が多く指示しています。写真はBOLETAボレタ(投票券です)メンドサ州では副大統領のCOBOS氏の候補が勝っているようです。

一方で ホンジュラスの軍事クーデターのニュースがありました。中米は最近落ち着いていたのですけれどもね。。。


アルゼンチンのコングレッソこと、国会の全景、手前は「考える人」のオフィシャルレプリカです。
ちょっとこの下に、CAGADOR という落書きやはり政治家への罵倒の言葉ですが、ちょうど、考える人がそれをしているのと同じ格好
だからでしょうね。
e0053445_6452726.jpg



e0053445_650130.jpg

[PR]
by tomokoar | 2009-06-29 06:46 | アルゼンチンニュース

アルゼンチンのプロチームで頑張っている日本人選手

 大阪出身22歳の加藤友介選手が、アルゼンチンのデフェンソーレス デ ベルグラーノというBリーグで頑張っている。
 昨年までモネールがいたので有名なウラカンでユースからプレイ、ウラカンがBリーグからAリーグに昇格時に日本人ゴールが利いたのであるが、その後、レンタルで現在のチームに在籍。ただ、ベンチにいるのだが、日本人としては、ベンチにいても、アルゼンチンのプロリーグで活躍するのはすごいことである。(アルゼンチン人でもベンチ入りさえしない選手が多いんですから)
 これからファンクラブでも作りましょう。
e0053445_14141066.jpg

このブログ恒例の頑張れメッセージです。
e0053445_11144138.jpg

[PR]
by tomokoar | 2008-10-07 14:12 | アルゼンチンニュース

ペンギンライブ

e0053445_257104.jpg

パタゴニアのマゼランペンギンのコロニー訪問は先週の土曜日から一般公開が開始されました。浅瀬のあるアルゼンチンの大西洋沿岸の入り江で卵を産み、小さな幼鳥を育てるためです。基本的に一雄一雌で、毎年同じ巣に戻って卵を産みます。
オスが最初に到来し、長旅の疲れを癒し、巣の整備に励んでいます。メスもそろそろやってきます。グアーグアーというロバのような、と形容される声は(メスに)「うちはこっちだよー間違えずに帰っておいで」という愛のお帰りコールなのです。
以下ライブ、もしくはビデオでお楽しみください。
ペンギンライブ72時間ー9月19日から21日(アルゼンチン時間) 

http://www.lupacorp.com/pinguinos/index.htm
上記日程過ぎたらペンギンビデオ
http://www.lupacorp.com/pinguinos/videos.html
e0053445_33839.jpg

e0053445_3195818.jpg

[PR]
by tomokoar | 2008-09-22 02:56 | アルゼンチンニュース