アルゼンチン、ブエノスアイレス tomokoar@gmail.com、SKYPE TOMOKOAR
by tomokoar
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31


<   2007年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

母をたずねて三千里の舞台


 母をたずねて三千里の舞台は、アルゼンチンでしたが、
今アルゼンチンに住んでいて考えますと、その背景考証は素晴らしいと思います。
 マルコの旅を是非、再現したいなーと長年思っておりましたが!
何と、前回でお知らせしました、26日(土)世界ふしぎ発見
アンデス雲への旅 でのワンシーンが、マルコが最後にお母さんと出会う
ために向かうトゥクマンまでの衣装の発祥地とその地への風景と
同じところに出会いました。(写真まずく処理してあります、ON AIR
になりましたら、オリジナル掲載します)
 ミステリーハンターの諸岡なほ子さんとアメディオとはしゃぐ私です。
e0053445_14415669.jpg

 よくツーショットで写真撮る勇気があると、自分で思います、はい。
そして、疲れていても、単なるスナップ写真でもちゃんと、ポーズと笑顔をいただけるのはさすが!です。
 こちらの主観的アルゼンチンブエノスアイレス事情でも別に関連話題書いております。
http://blog.livedoor.jp/tomokoar/?blog_id=1768564
 なお、マルコの旅の企画を持っておりますのでご興味のある方ご連絡ください。
 そして、この番組内で友人の在日アルゼンチン人ルイスサルトルさんのフフォルクローレグループ
LOS TRES AMIGOSの音楽 LLANURA(平原)がかかっています。
あわせてよろしくお願いします。
e0053445_10253722.jpg

[PR]
by tomokoar | 2007-05-25 14:55 | ロケOAニュース

アルゼンチン北西部番組オンエア

今度はアルゼンチン本土 
アルゼンチン北西部を中心にした番組オンエアのお知らせです。



来週5月26日(土)午後9時から、
「TBS 日立 世界ふしぎ発見!」
第1009回「天空の巡礼 アンデス雲への旅」
の舞台はアルゼンチンの北西部フフイ州とサルタ州です。写真はユネスコの世界遺産に指定されているフフイのウマワカ渓谷のプルママルカ村の「七色の丘」



e0053445_1583890.jpg


e0053445_215429.jpg

1週間滞在してお世話になったティルカラ村の村長ディアギータさんと。
*このジャネットは村の織物です。なかなかモダンでお洒落。
この辺の人々はお祭りを生きがいに過ごしています。
お祭りなければ人生ではない!
しかし、一年間にたくさんあるお祭りの中で、どれが一体厳しいの?
とお聞きしましたら、実はやっぱりこのイースターのマリア巡礼が
一番とのこと。。。地元の人達でも気分が悪くなる人がいるそうです。。。ああ、一体誰がこれがおもしろい、と言い出したのでしょう。。。


きれいな鉱物を含む山並みは、どこかのガイドブックにはアルゼンチンの
グランドキャニオンといわれていますが、私的にはそれは別の世界遺産のタランパージャ、イチガラスト公園だと思います。
ウマワカ渓谷だけでなく、サルタの雲のルートの山々も
世界でも類のない、きれいで不思議な山々ですが、アンデスとは言ってもまだまだ”低い”前衛山脈。しかし、それで4000m級の富士山より高い雲が下に見える山へのとっても厳しい巡礼を ミステリーハンター諸岡なほ子さん がリポートします。

ちなみに、徒歩!でしかも3日で行き帰りしたので、荷物もありますし、スタッフも大変でしたが、実はレポーターの方がお元気でした。

***うちの現地アシスタントは頂上についたら、微妙に高山病になりました。***


e0053445_241418.jpg

このときはまだまだ楽しかったアリさん。。。


***高地では水分や糖分とって、しかし取りすぎずに、食べ過ぎずに、そして、ゆっくり行動し、スケジュールも余裕を持つことが必要です**

「アルゼンチンのお祭り」という有名な地元番組すら
同行せず下で待っていて、私たちの様子も撮っていました。。。。
のですからその全貌は本邦のみならず、おそらく世界初公開です。
あ、もちろん、他にもいっぱい癒し系の景色や昔からの不思議なことが
たくさんあります。
ゆっくりのんびりできたらどんなによかったでしょうね(笑)

予告編はこちら(来週木曜日ぐらいにインタビューが載ると思います)



なお、今回の諸岡さんは先月著書を出版!以前ヒマラヤに登ったリポートの経験も満載ですので、今度はアルゼンチンの思い出も是非書いていただきたいですね!
「地球のどこかの秘境から!―不思議を求めて旅する泣き笑い4万キロー」


また今までの回のリポートがバックナンバーに入りましたのでリンクしておきます。楽しんでください。

第1005回「南極 地球最後のフロンティア」


第1000回記念スペシャル 南極 祝1000回突破!! 超拡大3時間スペシャル超絶景&超古代文明!究極の地球ミステリー人類の時空を超えた遥かなる旅が今夜始まる


第958回 モンゴロイド大移動 世界の果てへの旅 イグアスの滝(グァラニー)ーチリ側パタゴニア(マプチェ)ーウスアイアーチリ領ナバリノ島(ヤガン)




***ちなみに今週19日(土)はボリビアのチチカカ湖で、アンデスシリーズ第一弾になっています

[PR]
by tomokoar | 2007-05-19 02:09 | ロケOAニュース

サッカー史上で一番おかしなドーピング

El doping más gracioso en la historia del fútbol

これがスペイン語のタイトル。
アルゼンチンのメディアで、ときどき世界の仰天ニュースを
出しているのですが、たまに、日本のニュースが取り上げられます。

本日紹介するのは、INFOBAEの5月10日付けニュース

川崎FのFW我那覇和樹がドーピングで6試合出場停止になった
処分が紹介されています。

「 サッカー史上初の出来事です。感冒回復のため、ある成分を注射したことにより、日本の一選手が6試合出場停止を受けた。一体何を利用したのでしょう。。。
 日本人サッカー選手がにんにく成分含有の注射を行ったことで、
6試合出場停止処分を受けた。なお、この成分は禁止成分リストには
載っていない。

 この選手はJリーグ、川崎フロンタルのFW我那覇和樹(26歳)、風邪がひどいため、医師にかかった。
我那覇選手は、さらに、83.348 ドルの罰金の制裁を受けた。
というのも、日本サッカーリーグでは、FIFAの規定の上に、
静脈治療を禁止している。」

なお、赤ちゃんポストのことも出ていましたので、また続きを書きます。
 
[PR]
by tomokoar | 2007-05-12 02:49 | アルゼンチンニュース