アルゼンチン、ブエノスアイレス tomokoar@gmail.com、SKYPE TOMOKOAR
by tomokoar
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30


新型インフルエンザ町の様子

7月3日、来週から2週間早まった冬休み前、子ども達が咳の仕方を教えてくれました。


e0053445_930232.jpg

もう、
e0053445_9333043.jpg
アルコールがありません。
しかし人々は集まってランチ中。元気です。
e0053445_9345676.jpg

お店のカウンターにはお客さんが使えるようアルコールジェルがおいてあります。
e0053445_938434.jpg

[PR]
# by tomokoar | 2009-07-04 09:39 | アルゼンチンニュース

緊急医療体制にブエノスアイレス突入

ブエノスアイレス首都内閣の中に感染者も出て、明日の保険相の就任を待たずにブエノスアイレス市とブエノスアイレス州は緊急医療保険体制に入りました。
小学校、中学校は7月20日を待たずに来週から冬休みが1週間延長して、8月3日まで閉鎖、ただいま市長が出て、子ども達は出かけないように、
人々も集会を避けるよう呼びかけています。今だ映画やショッピングセンターの閉鎖は考えられていませんが、他の州、また町では72時間活動禁止になった
場所もあります。死亡者は現在30人近く、感染者は2000人以上で、死亡確率が高くなっている場所で有名ですが、基本的に、栄養が足りない子どもや、免疫が少ない妊婦などが被害になっており、他の感染者は順調に回復中です。

詳細はブログで、実況中です。
http://blog.livedoor.jp/tomokoar
[PR]
# by tomokoar | 2009-07-01 08:42 | アルゼンチンニュース

28J アルゼンチン国会選挙結果 

ブエノスアイレス州

Provincia de Buenos Aires - Congreso de la Nacion
1.FRANCISCO DE NARVAEZ  34.56%
2.KIRCHINER 32.3%
3.MARGARITA STOLBIZER  21.14%
4.MARTIN SABBATEA 5.82%

1.2が逆転し、デ ナルバエス氏の勝利となりました。デ ナルバエス氏はアルゼンチン資本のスーパー
CASA TIAの子息でありましたが、90年代にうまく外国資本へ売却、その間に農場、他
AMERICA TVのオーナーでもあります。
首に微妙な刺青をしているのは、当地ではお洒落であることを証明しています。
アルゼチンは微妙に、スタイリッシュを好む人たちですので、それもカレのスマートさ、そして、
別途 ブログに書きましたが、当地のテレビ番組で「普通の人」であることをアピール。
ジョークが分かる人、そして、裏表が少ない人という人気が高まりました。もちろん、所有テレビの
番組にもゲストとして出演。本日は勝利インタビューとして、アルゼンチンの徹子の部屋的
「ミルタ レグランと昼食を」(40年の歴史のある番組)に出演しました。なお、このお昼の番組は
政治、芸能、各界の有名人を招待してミルタ女史がインタビューしますが、


Capital (ブエノスアイレス議会)
1.GABRIELA MICHETTI  (PRO) 31.1%
2.FERNANDO PINO SOLANAS 24.2%
3.ALFONSO PRAT GAY   ACUERDO CIVICO SOCIAL 19%
4.CARLOS HELLER (PJ) 11.7%
5. ANIBAL IBARRA 3%

1.はマクリ市長の候補で圧倒的でありましたが、ピノ ソラナスは映画監督であり、基本社会派ですので
教員組合がかなり指示。マクリ市長の教員切り下げ対策、効率化から真っ向から対決できる人材を
得ると思われます。プラットガイは、社会、左、急進派、まざっていますが、エコノミストであり、
若手ですからこれからの躍進が期待されます。カルロス エレル氏は与党派ですから、
ブエノスアイレス市は完全に惨敗ということでしょう。

サンタフェ州では、
カルロス レウテマンが座席を維持した感じで逃げ切りました。
キッシュネルリズモとして、与党派は対抗馬を送りましたが、もとF1レーサー!!!、すばやくほぼ
半数に近い票で逃げ切りました。
この地は 農牧地帯パンパの重要な地域であり、農業側は、レウテマンを指示し、昨年のような
暫定税徴収がないことを期待しています。
なお、新型インフルエンザ対策として、今後1ヶ月公的行事を停止させます。二週間学校が休み、
そして、2週間の冬休みにします。このような対策を取られえることは素晴らしいと思います。

メンドサ州は副大統領のコボス氏陣営の勝利。基本、急進派です。

サンタクルス州は20年間で初めて与党派が惨敗。ただ、カラファテは大統領派を60%支持していたらしいですが。。。

クリスティナ大統領会見では惨敗を認めましたが、常に二度目の選挙は与党派が負けるのはジンクスと
余裕の発言であり、内閣解散もないしということですが、一方で健康大臣は 昨年のインフルエンザで
一万人の被害者、デング熱の蔓延、そして、今回の新型インフルエンザで対策を求めて、先週末の選挙を中止を呼びかけていましたが、幹部には聞き入れてもらえず政府の協力が得られなければ、敏腕はふるえないということで辞任しました。
アルゼンチンはすでに1000人以上の患者7カ国に入っており、南米ではチリについで第二位。
そして、ブラジルの患者もアルゼンチンに旅行したからだそうです。
死亡も26人で、パーセンテージ的に一番高く世界中から対策劣等生として注目されているかもしれません。




e0053445_7402095.jpg

[PR]
# by tomokoar | 2009-06-30 07:05 | アルゼンチンニュース

アルゼンチン選挙速報

本日、6月28日(日)午前8時から午後6時まで、国会とブエノスアイレス市議会の選挙が開催されました。
まだ正式全開票まで時間がありますが、以下が午後630時点の開票速報の順位です。
アルゼンチン議会選挙 速報
Nacional (国会)
1.KIRCHINER
2.FRANCISCO DE NARVAEZ  
3.MARGARITA STOLBIZER 
4.MARTIN SABBATEA
Capital (ブエノスアイレス議会)
1.GABRIELA MICHETTI  (PRO)
2.ALFONSO PRAT GAY   ACUERDO CIVICO SOCIAL
2.FERNANDO PINO SOLANAS
3.CARLOS HELLER (PJ)
国レベル、ブエノスアイレスレベルではトップは予想どうりですが、PRO、現在のマクリ市長の政党の力が伸びているのと、正義党、いわゆるペロン党の力が落ちているのがこれで顕著になりました。もちろん、国レベルで正義党が強いのは現状どおりですが、やはり2位のPROに押されていますが、維持して逃げ切るでしょう、というところです。また伝統的にブエノスアイレス首都はPJが2番手でしたがこの政治的地図が書き換えられPROが傑出していますが、RADICALやELISA CARRIO率いる微妙左寄りの政党などが共同でACCION CIVICO SOCIALが両地ともいいポジションでこれから議席を伸ばすことは確実です。
首都のCARLOS HELLERが3位ですが、実質的には四位はやはりJUSTICIALISTAの権威が落ちている証拠ですね。また PINO SOLANASは教員組合関係が多く指示しています。写真はBOLETAボレタ(投票券です)メンドサ州では副大統領のCOBOS氏の候補が勝っているようです。

一方で ホンジュラスの軍事クーデターのニュースがありました。中米は最近落ち着いていたのですけれどもね。。。


アルゼンチンのコングレッソこと、国会の全景、手前は「考える人」のオフィシャルレプリカです。
ちょっとこの下に、CAGADOR という落書きやはり政治家への罵倒の言葉ですが、ちょうど、考える人がそれをしているのと同じ格好
だからでしょうね。
e0053445_6452726.jpg



e0053445_650130.jpg

[PR]
# by tomokoar | 2009-06-29 06:46 | アルゼンチンニュース

2009年6月現在   アルゼンチンでの取材活動について 基本情報

2009年6月現在   アルゼンチンでの取材活動について 基本情報

ーアルゼンチンをはじめ、ウルグアイ、パラグアイ、チリ
は他の諸国に比べると撮影バリアフリーに近いですが、注意点もありますー

以下とりえあず、アルゼンチンの撮影に関してお知らせします。

((事前準備 撮影ビザ、取材ビザ))
2009年6月現在
特に日本から取得する必要なく、アルゼンチンにいらっしゃることができます。
ただし、
受け入れ準備のため、当方にはスタッフの規模、各人のデータ、そして、機材リストをご用意ください。
また、場所によってはプレス証を作る費用がかかります。
しかし、入国時に何を一人いくらまでという持ち込み制限があります。
それぞれの目的、期間により異なります。世界中で通常税関申告しなければならないものは
しなければなりません。また、例えば、食べ物や電化製品は厳しく審査されます。
しかしながら、アルゼンチンはアルゼンチンですし、
担当者の気分により運が決まります。ただ、外国からいらっしゃる観光客に関しては、問題が少ないことが多いです。


また事情が突然違うこともありますので、事前にご確認ください。
((ドルとペソ現地通貨レート))
1ドル=3.7ペソです。
ドルの売り買いにより、場所により、便利さにより、また交換金額にもより、レート設定は自由です。手数料込みでレートが決まったり、
手数料別のこともあります。なお、受け取った紙幣は枚数、偽ではないかなど、かならずご確認ください。
国際空港の銀行両替やさんは24時間営業。

((現地での撮影許可))

国立公園など公共機関、世界遺産など事前に許可、また各種規定があります。
ブエノスアイレス市は最近 規制が厳しくなってきました。
各種機関、店内、人などはその都度 許可を取る、お願いするなどした方がいいと思います。
なお、特に子どもや 高級な場所での突然のカメラを向けることには御気をつけください。

比較的人々はフレンドリーで顔を出してもかまわないことが多いです。

治安的には、荷物は床にもその辺にもおかない、常に手にする、声を掛け合う、または 場所、地域により、事前に対応準備をすれば問題ありません。一般的な 人前で 貴重品、金品を出す、という行為を避けましょう。


#上記、当方コーディネーションでは十分に問題が少ないようご対応、アドバイス、準備することが可能です。
当方通じて、またはそうではなくても、アルゼンチンを取材地域に選んでいただくことがありましたら、
嬉しく思いますし、いつでもご連絡ください。


#なお、現在 冬です。パタゴニア関係は6月から8月初旬まではスキー以外は全体的なオフシーズンです。
基本的に日本とは六ヶ月違いの季節と思ってください。

連絡先   ta@sion.com / tomokoar@gmail.com
[PR]
# by tomokoar | 2009-06-27 00:59 | ロケ事前知識

6月7日(日)は是非アルゼンチンのカネさんを見て元気をもらってください。

e0053445_1363157.jpg


今週末6月7日(日)のNHK BS1の番組アゴラで登場予定の
かねさんと打ち合わせをしてきましたー

 アルゼンチンの元気な田島カ子(かね)さんはすでにこの番組に出ているのでおなじみの方もいらっしゃるかも!だったら嬉しいし、初めてでしたら、是非見てください!

 かねさんはなんと今年102歳になりました。
 人生の大先輩、移住の大先輩。。。

 かねさんが当地に着いたとき、馬車でセントロを移動したそうな。。。また着物しかなかったので、着物を洋服にしてもらいました。。という、ケンゾーさんびっくりのエピソードいっぱいです!

 95歳のときに初めてお会いしたときには、本当にお元気ーと思っていましたが、それがここまで、ご立派です。なお、97歳まで、ご自身で畑仕事、洗濯の手伝い、お料理全部やっていました。今現在、腰を打って、歩くのがおっくうなんですが、それでも、草トリはしますし、簡単な料理も自分でやります!

 それに、ちょうどお孫さんが15年ほど前に、私の日本語の生徒だったんですが、そのときも私にはヒイおばあちゃんいるのよ!とご自慢のおばあちゃんでした。(そのときもすでに90歳ぐらいだったんですよね。。。)

  かねさんのお元気そうな笑顔を見るだけで心一杯。 75年以上前に日本を出て花嫁として来たかねさんでしたが、 人生いろいろ大変なことありました。

 でも、今はひ孫さんもいて、大家族ーそんなところを 生で伝えていただけるNHKの地球アゴラは最高です!
 
6月7日は他の番組とのコラボで一日中放送?ですが、
かねさん出演は多分、トリですから、午後10時半をまわったら気をつけていてください。
NHK BS-1の放送です。
なお、今回は海外放送は行われないので日本だけの放送です。
[PR]
# by tomokoar | 2009-06-04 13:14 | ロケOAニュース

Kenzo en Buenos Aires!!!高田賢三氏ブエノスアイレスで個展開催

標題のように4月初旬 KENZOの来ブエノスアイレスで街は沸きました。
アルゼンチンで、知っている有名な日本人の名前を挙げて、といわれて、黒澤明か、ケンゾーですものね!
(ジャッキーチェーンんという返事もありましたが、ちょっとしよくある間違い。。)

とっても素敵な方でしたので、思わず通訳をしながら、お言葉に聞き入ってしまいました。

以下、中国新聞の海外レポート 4月30日版に、拙稿ケンゾー記事です。
ブエノスアイレスのUCES大学にて 講演会をされ、博士号を授与されました。
5月に夕刊で紙面掲載もしていただけるそうです。
http://blog.chugoku-np.co.jp/fureai22/?date=20090430#p02

それから 当地の日系社会新聞La Plata Hochiの4月16日(木)版にスペイン語の記事と
翌週日本語記事が載りました。

また、昨年から発行のREVISTA SUSANA スサナ ヒメネスの雑誌5月号にインタビュー協力 感謝
AGRADECIMIENTO と名前を入れていただきました。

 個展はサンテルモ地区、 LORDI ARTE CONTEMPORANEA Venezuela 617にて
6月9日まで開催。午後から行った方が無難だと思います。

写真は もちろん ツーショット。嬉しそうな私のベージュのブラウスのブランドはもちろんKENZOですわ。

e0053445_1195915.jpg

[PR]
# by tomokoar | 2009-05-09 01:18 | 日本でアルゼンチン

ふれあいのブエノスアイレスのルハン動物園

e0053445_6555463.jpg
e0053445_643512.jpg
アルゼンチンの首都ブエノスアイレスから約80キロ、ルハン郡にある
ZOO LUJAN ルハン動物園について、主観的アルゼンチン ブエノスアイレス事情ブログに
再度書きました。

http://blog.livedoor.jp/tomokoar/archives/51484022.html


日本語メディアで「世界一危険な動物園」として有名になりましたが、
現在の動物達は、ルハン動物園で生まれ、人間に育てられ、犬とも一緒に遊びながらすごし、
小さいときから触れられているのになれています。
園長のホルへ セミノさんは 「是非、当園に一度遊びに来てくださればお分かりになるはずです。
数時間だけではなく、数日滞在して、一緒に動物達と暮らしてみましょう」とのことです。

園長さんはかなり、おもしろい人なのは確かですけれども、私は昨年三回参りましたが、
自己責任とか言われたこともなく、誓約書もありません。

もちろん、係員の指導を聞くことは必須です。また動物達が食事中、熊は昼寝中、
かばんなどは外においておきますし、不用意にじゃれつかれるようになるなど、
動物達の習慣を乱すことはやめます。

子どもは成獣の檻に入ることはできませんし、。(なお、おさんぽ中の動物は可)
子どもの動物は、さわることはできますが、
抱っこは禁止されています。(なお、おさんぽ中の動物は可)


そして、何かあれば当然、動物園が責任をとらなければならないことなのですから、
15年間、愛情を込めて動物達を育ています。
e0053445_5335057.jpg
e0053445_5342077.jpg
e0053445_5344297.jpg
e0053445_5365343.jpg

[PR]
# by tomokoar | 2009-04-19 05:36 | びっくりニュース

4月11日NHKラジオ

NHK 地球ラジオにて
4月11日(土)午後5時ごろ、ワールドテレフォンネットワークのコーナーと
5時20分ごろ、質問箱のコーナーに アルゼンチン、ブエノスアイレスから、登場させていただきます。

*時差のため、ブエノスアイレスは午前5時ですが、がんばって、早起きします。。。

お時間あれば是非、聴いてください。ご感想をお待ちしております。
[PR]
# by tomokoar | 2009-04-10 11:30 | ロケOAニュース

世界一番紀行   世界で一番南の村

ON AIR オンエアご案内

4月29日(水)午後8時~9時30分
NHK Bs hi  ハイビジョンドキュメンタリー
世界一番紀行 世界で一番南の村  (旅人は作家の池澤夏樹さんです)

シリーズで4月から毎週水曜日放送される世界で一番シリーズの最終回第五回です。

アルゼンチンの最南端の都市 ウスアイアの魅力も出ますが、ここからさらに南に行きます。
ビーグル水道を越えるとチリ領 ナバリノ島です。 プエルト ウイリアムス町から
さらに南に行きました。
南とはいえ、南半球 夏でも 毎日寒いのです。。。 
それから アクセスが不便で 南極にツアーで行くほうが簡単だと
思いました。
池澤夏樹さんはとても素敵な方でしたよ!

なお、放送は以下のように三回ある模様。。。 とりあえず、日本時間だけで
申し訳ございません。
ワールドプレミアム放送ででもやれば
e0053445_1253397.jpg
世界中でも見ていただけるのに
と思います。BShi : 毎週水曜 午後8時~9時30分
翌週水曜 午後2時~3時30分 (再)
毎週土曜 午後2時30分~4時 (再)

世界最南端の村の場所を踏んでいます。
[PR]
# by tomokoar | 2009-04-03 13:06 | ロケOAニュース